あごひげ脱毛でよくあるご質問内容。ひげ脱毛高崎のHYBISの考察。

あごひげを脱毛する人とはどのような人なのか?

あごひげを脱毛する人とはどのような人なのか?

 あごひげ脱毛をご検討されている方の中には、他人がどのような理由で「あごひげ」を脱毛しているのかが気になるという方がおられます。
 脱毛に通っていることを周囲の方に話されている男性は少なく、他の人の意見や理由をまとめておりますので気になる方はぜひチェックしてみてください。

あごひげを脱毛する理由
・あごのひげ剃りの時間がもったいない
・青髭が目立ってしまい気になる
・カミソリ負けがひどくよく血が出てしまう
・毎朝アゴひげのデザインを整えるのが大変
・あごのひげを伸ばしてみたが似合わないので今後もいらない
・夕方になるとジョリジョリしているのが嫌、、、、、
など、みなさんは多くの「あごひげ」に対する悩みやコンプレックスをお持ちです。それらを解消させようと「あごひげ」の脱毛を開始されています。

あごのひげをすべてなくすのでなく、薄くすることは可能なのでしょうか?

あごのひげをすべてなくすのでなく、薄くすることは可能なのでしょうか?

 特に20代の方からご希望が多い、「あごのひげを完全になくすのではなく、ひげを薄くしたい。」という要望です。
 あごのひげは1本1本がとても太く剃っても目立ってしまいます。
 そんな太い毛が細くなれば(産毛程度)であれば、ひげを剃ったあとであっても青ひげが目立つことはなくなるでしょう。
 20代の方であれば、将来年を重ねた際にひげを生やしたいという願望があったときのことを考えるようです。
 脱毛で毛周期をしっかり網羅し、毛のないようなきれいな状態にしてしまうと将来も今と同様にひげをきれいに整えて生やすことは難しくなるでしょう。
 現在ある脱毛方法では、ひげを薄くする(太い毛➡産毛や細い毛)ことはできないため、なくすところは脱毛で将来残したいところは脱毛しないほうが賢明でしょう。
 HYBISでは、ひげのデザイン脱毛も可能となっておりますので、あごひげのデザインをご希望の場合は初回カウンセリング時にご相談ください。

あごひげは何歳から脱毛が可能でしょうか?

あごひげは何歳から脱毛が可能でしょうか?

 あごの部分にひげが生えている方でもその生え始めの時期は異なります。早い方であれば、あごのひげが中学生や高校生のときから生えてきたという方。20歳を越えてからあごにひげが生え始めた方。25歳を越えてから生えてきた。など人によってひげが生え始める時期は全く異なります。
 あごのひげを脱毛する適齢と呼ばれるものはなく、ひげ脱毛が可能な年齢はひげが生えてきたあとであればいつでも良いということになります。
 脱毛に関しては、ひげがないところには反応しないため「将来の予防」といった面では効果はありません。
HYBISで使用しておりますオリジナル脱毛機は、特に年齢制限はありません。10代の方でもひげに悩まれていれば一度ご相談いただければと思います。
 未成年の方が脱毛をご希望される場合は、基本的に保護者の方とカウンセリングの同席をお願いしております。


あごひげのデザインについて

あごひげのデザインについて

 「あごのひげをデザインで整えたい!」とおっしゃられる方はHYBISでも数多くいらっしゃいます。
あごひげのデザインをご検討中の方は下記をチェックしておきましょう。
 まず、あごひげのデザインをご希望される方はその旨を初回のカウンセリングの際にお伝えください。脱毛を始めていくとひげの中でも弱い部分より減っていくため、徐々にまばらな状態になっていきます。
 まばらな状態になってしまうとひげを伸ばしてデザインを作るのも難しくなってしまうため、デザインで残すところはあらかじめ照射しないことを勧めております。
 ご希望のデザインに可能な限り近づけることは可能かと思いますが、細かいデザインで対応ができないケースもございますので予めご理解お願い致します。
 あごひげのデザインをご希望される場合は、ご自身でご希望のデザインに整えてからお越しください。

あごのひげの白髪について

あごのひげの白髪について

 年齢を重ねていくと、髪の毛だけでなく体毛やひげも白くなっていきます。結論からお伝えすると、ひげが白くなっている場合は脱毛機器の特性上その部分の毛には反応しません。
 脱毛機器の特性は、黒いものに反応する仕組みであり、通常の黒い毛であればしっかり反応はありますが、毛が白くなってしまっている場合は反応しません。
 よって可能な限り多くの毛に反応させるためには、毛が白くなる前から脱毛を始められたほうがすべての毛に反応し効果的に処理することが可能でしょう。