顔ひげ脱毛で施術が行えない部分。ひげ脱毛群馬高崎のHYBISの考察。

髭には大量の細菌が存在する

髭には大量の細菌が存在する

 身体で菌が付着しやすい部位としては「手」や「足」などがイメージしやすいパーツだと思いますが、実は「ひげ」には病原菌となる微生物が大量に存在しています。
 これは普段から髭を生やしている男性にとっては嬉しくない話ですが、細菌にとって髭は付着しやすく増殖しやすいという、最高の環境となっているのです。

犬より細菌が多いってほんと?

犬より細菌が多いってほんと?

 あるアメリカの研究者が複数の男性と犬を対象に行った研究で、男性の髭に存在する細菌の数は、犬の身体に存在する細菌より多かったことが報告されています。
 これは男性の生活衛生レベルや犬の状態によって大きく異なるため、あくまで参考程度の情報ですが、それだけ髭には細菌が付着しやすく、男性の髭には病原菌となりえる菌が大量に存在するということは事実です。

髭に菌が繁殖する理由

髭に菌が繁殖する理由

 ひとの手はあらゆる物に触れるため細菌が最も付着しやすい部位です。そして私たちがその手でよく触れてしまう習性があるのが「あご」や「口まわり」です。
 何か考え事をする際にあごに手を置いたり、髭をたくわえている男性の多くは髭そのものを触る癖がある方多い傾向にあります。

 手は食事やお手洗いなど、一日に何度も洗いますが、同じ頻度で顔を洗っているという方はまずいないでしょう。
 髭に一度細菌が付着すると離れることなく増殖を繰り返すことで不衛生な環境となってしまいます。

髭を伸ばす男性は清潔に!

髭を伸ばす男性は清潔に!

 ここまで髭とそこに潜む細菌についてお話ししましたが、髭そのものを否定するつもりは全くありません。
 ただし髭の近くには口や鼻があり、私たちは常に呼吸を行っていますので、いつどのタイミングで髭に潜む病原菌が体内に侵入し、病気や症状となってあらわれるか分かりません。

 髭を伸ばしたいという男性は、病気や感染などのリスクを避けるためにも、日頃からしこまめに洗浄を行い、除菌する習慣をつけることをおすすめします。
 また、少しでもリスクを避けて清潔な状態に近づけるためには、残しておきたい部分以外の髭をなくしてしまうことが効果的です。

 HYBISでは、髭の部分的に脱毛する「デザイン脱毛」が可能となっておりますので、群馬の男性で不要な髭を脱毛したい方や、細かいひげ剃り作業が面倒だという方は、群馬の男性脱毛・ひげ脱毛専門のHYBISにお任せください。