メンズ脱毛の「バルジ領域」とは?男性脱毛群馬高崎HYBISの解説。

バルジ領域とは?

バルジ領域とは?

 バルジ領域とは体内組織の名称で、皮膚の中にある細胞組織のひとつで毛根よりも皮膚表面の近い部分にある器官です。役割を簡単にいえば、皮膚の中で毛を生やすように指示を出している部分になります。

 バルジ領域は「毛幹細胞」と「色素幹細胞」の2つから出来ていて、毛幹細胞は体毛のもととなる細胞を増やし、色素幹細胞は体毛の色素に関わる細胞を増やすはたらきがあります。
 この2つの細胞組織が指示を出すことで体毛が生えてるというわけです。バルジ領域が発見されたのは2000年頃と比較的最近のことで、まだまだ研究段階ともいえる状態です。

メンズ脱毛との関係

メンズ脱毛との関係

 毛根には複数の細胞組織が存在していて、バルジ領域が発見されるまで脱毛は「毛母細胞」や「毛乳頭」といった毛根奥にある栄養を運び出す細胞や、毛の元となる細胞に注目し、それらに何らかの形でアプローチすることで、ヒゲやムダ毛の再生を抑える方法で脱毛技術は進化してきました。

 現在ではバルジ領域の研究も進み、バルジ領域は体毛を生やすように指示を出す部分なので、この組織をどうにかできればヒゲやムダ毛の再生を抑制できるのでは?という考えから、バルジ領域に直接アプローチする方式の脱毛方法も出てきています。

ヒゲやムダ毛の毛周期

ヒゲやムダ毛の毛周期

 私たちの髭や髪の毛、その他の体毛は1本の毛が一生伸び続けるわけではなく、「毛周期」にあわせて、伸びては抜け、また新しい毛が作られて、と一連のサイクルを繰り返しています。
 今ある主な脱毛方法のフラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛などは、この髭やムダ毛が生え変わる周期に合わせてメンズ脱毛の施術を行う必要があるため、毎日通えば早く抜けるのかというとそうではなく、ヒゲであれば2週間~1ヶ月半、体毛であれば1~2ヶ月に1回の間隔で通うことで少ない回数で効率よく脱毛効果を高めることが出来ます。
 毛周期については別項で詳細解説しておりますので、ご興味がある方はそちらもあわせてご参照ください。

最新の脱毛は毛周期は無視できる?

最新の脱毛は毛周期は無視できる?

 最近の新しい脱毛技術では、この「バルジ領域」に直接アプローチする脱毛方法がいくつか出てきており、この脱毛法は体毛のメラニンに反応させないため、毛の生え変わりである「毛周期」を無視して脱毛が出来るのではないかと注目されています。

 しかしながら、バルジ領域に作用する新しい脱毛機器でも2つの波長を用いているものが多く、「バルジ領域」だけでなく、従来通りの毛根組織に作用する波長を含んでいるため、現段階では毛周期にあわせて、これまで通りある程度期間を開けつつ施術する方が効果的だとされています。

 「バルジ領域」が発見されて以降、メンズ脱毛業界でも大きく注目されてきましが、まだまだ新しい脱毛技術も研究段階といえます。いずれにしてもバルジ領域が体毛組織の重要な役割を担っていて、脱毛技術を発展させる大きな要因でもあることから、これからのメンズ脱毛技術と「バルジ領域」は深く関わっていくことでしょう。

 群馬県高崎市でメンズ脱毛をご検討中の男性で、聞きなれないワードや体毛に関する疑問がありましたら群馬の男性脱毛専門HYBIS高崎店までお気軽にお問い合わせください。