光脱毛と医療レーザー脱毛には違いがあります。メンズ脱毛は群馬高崎のHYBISへ

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違いとは?

医療レーザー脱毛と光脱毛の違いとは?

 脱毛をご検討されている方の中で、「レーザー脱毛」「光脱毛」って何が違うのか疑問に思われている方もいると思います。
 簡単に分類すると、レーザー脱毛は「医療機関(クリニックや病院)などで採用している医療機器」、光脱毛は「エステサロンなどで使用している美容機器」となります。
 医療レーザー脱毛と光脱毛のどちらを選ぶのが正解なのか?それは、各脱毛方法の違いを把握しておく必要があります。
 ここでは、料金や効果、施術時の痛みについて、そして光脱毛と医療レーザー脱毛の違いを解説します。
 高崎でメンズ脱毛をお考えの男性の方々はご参考頂けますと幸いです。

光脱毛の仕組みと効果

光脱毛・レーザー脱毛の仕組みと効果

 光脱毛は波長域が広い光を照射する事で、毛のメラニンに反応させる方法です。
 毛のメラニンに反応した光のエネルギーは、熱エネルギーに置換される事で、毛幹を伝い、毛根部に熱を伝播させます。これにより毛根組織に作用させる事で、毛の成長を抑制し、脱毛に至ります。この原理はレーザーも同様です。
 波長域が広いということは、放射線状に光が照射されるため、痛みはマイルドではあります。その分、広範囲を一度に施術出来るため、施術時間は極めて短時間となります。
 反対にレーザー脱毛は、波長域が光脱毛に比べて狭い事が特徴です。波長域が狭いと言うことは、レーザー光は直進性を持っているため、局部的にエネルギーを集中させて照射する事が可能です。
 その分痛みが強くなり、施術時間はかかりますが、1本の毛に伝える事の熱量は光脱毛に比べて高くなる傾向にあります。

メンズ脱毛施術時の痛み

脱毛料金の違い

 光脱毛と医療脱毛を比較すると、光脱毛の方が価格帯は安価です。
 その理由としては、医療脱毛は医療機器に分類されるため、機械に掛かる消耗品も高価かつ、医師を在籍させる必要があることから、経費が高騰してしまい、脱毛料金も高額になってしまいます。
 また、自由診療である事も、価格が高騰する要因の一つと言えます。

トラブル時のサポート

メンズ脱毛施術時の痛み

 痛みの有無に関しては脱毛を行う上では、大なり小なり避ける事は出来ません
 人の痛点はお肌の方に集中していると言われているため、表層部に熱エネルギーを伝える事から痛みを感じる事もあるかと思います。
 しかし、先ほども少し触れましたが、光脱毛に関しては、波長域が幅広い事から、放射線状に光を照射するため、痛みはマイルドです。
 痛みを感じる方も中にはいるかもしれませんが、光の脱毛機も最近ではさまざま存在しています。
 お肌に含有されているメラニンには反応させずに、毛に吸収され易い光を選択的に照射する事で、痛みをほとんど感じない脱毛機も近年では増加傾向にあります。
 当店で採用している脱毛機は純国産の最新のメンズ脱毛専門の脱毛機を使用しているため、痛みを感じられる方は極めて少ないことも特徴です。

メンズ脱毛施術時の痛み

 反対にレーザー脱毛は、波長域が狭い事から、直進性のあるレーザーのエネルギーを照射するため、痛みを感じる方が多いです。
 特に男性のひげなど密度の高い部分には、メラニンが多く含有されていると見なす事が出来るため、比例して痛みも強くなる傾向にあります。
 痛みが辛い場合は麻酔などを処方してもらうことも可能ですが、脱毛に麻酔をする事に抵抗を覚える方も少なくありません。
 脱毛はどのような脱毛方法を選択したとしても一度で完了する事はないため、複数回通われる場合、光脱毛を選択する方が近年ではポピュラーになりつつあります。
 以上が光脱毛とレーザー脱毛の主な違いです。
 現在、高崎でメンズ脱毛をお考えの男性の方々はメンズ脱毛専門HYBISへお気軽にご相談ください。

「医療レーザー脱毛と光脱毛の違い」関連情報