ひげ剃りの悩みを減らすコツ。男性脱毛群馬高崎HYBISの解説。

カミソリ負けに悩む方へ

カミソリ負けに悩む方へ

 群馬県高崎市でも多くの男性がひげ剃りの際に起きるカミソリ負けに悩んでいることでしょう。
 ひげ剃りの悩みを少しでも軽減させる為には、その症状がどのようにして起きているのかを理解することがとても大切ですので、まずはこのカミソリ負けが起きる原因についてお話しします。

カミソリ負けとは?

 カミソリ負けとは、ヒゲやボディのムダ毛をカミソリやシェーバーで剃ることでお肌に起きる炎症のことを言います。私たちの肌は何層にも細胞の層が重なって出来ており、目で見ている皮膚はその最も外側にある角質層という古くなった細胞が外に押し上げられて形成されたものです。
 ヒゲやムダ毛をカミソリやシェーバーで処理をする際、そのヒゲやムダ毛のみを剃ることは不可能で、どうしても肌にカミソリの刃を当てた状態で処理をしていくようになります。
 その結果、角質層にあたる皮膚には大量の細かい傷が付いてしまい、この傷が原因で起こる赤みや引きつり、湿疹などの症状を総称して”カミソリ負け”と呼んでいます。
 カミソリ負けの症状を軽減させる為には、髭を剃る際に出来るこの傷やお肌に加わる刺激を少しでも和らげてあげることが重要なポイントとなりますので、その方法をいくつかご紹介しておきます。


ヒゲを剃る際のコツ

ヒゲを剃る際のコツ

1.髭とお肌に水分を与える
 ひげ剃りをする際にそのままカミソリを当てる男性は少ないかと思いますが、まずは髭を剃る前にぬるま湯でしっかりとお肌と髭を湿らせてあげましょう。
 この時に顔をゴシゴシと擦るのではなく、手のひらのぬるま湯をお肌に優しく押し当てるようにして水分をしっかりとお肌に届けてあげることが大切です。ひげ剃りの刺激を抑えるだけでなく、就寝中や一日の活動の中で顔に増えた菌を除去する効果もあります。

2.蒸しタオルの使用
 乾燥した状態の髭は同じ太さの銅線に匹敵するほど硬いと言われており、硬いヒゲをそのまま剃ろうとすると、それだけ力が入り肌への刺激が強くなっていしまうことで、カミソリ負けのリスクを高めてしまいます。
 より効果的にカミソリ負けを防ぐためには、ぬるま湯で顔を洗った後に蒸しタオル等を1~2分程度ヒゲの量の多いあごや鼻下など顔の下半分に乗せておくことでヒゲは軟らかくなり、ひげ剃りの際の刺激を大幅に下げることが出来ます。
 蒸しタオルは濡らしたハンドタオルやフェイスタオルなどを軽く絞り、電子レンジで温めて適温に冷ますだけでご自宅でも簡単に用意することが出来きます。加熱しすぎによる火災や火傷には十分注意しましょう。

シェービングフォームの使用

3.シェービングフォームの使用
 ひげ剃りの際のお肌への刺激や、カミソリの抵抗を抑えるためにシェービングフォームは欠かせない存在です。
 毎朝のひげ剃りが面倒だからと、洗顔と同時に泡立てた洗顔料の上から髭を剃ってしまう男性も多いかと思いますが、洗顔料は本来皮脂や角質を落とすために作られているため、ひげ剃りの間ずっと皮膚に付いているとお肌に必要な油分まで取り去ってしまい洗顔後の乾燥やひきつりを高める可能性がありますので、専用のシェービングフォームやジェルを使用してお肌の刺激を抑えてあげることが大切です。

4.髭を剃ったら必ず保湿ケアを
 お肌に水分を与え、蒸しタオルや専用のシェービングフォームを使用していても皮膚には刺激が加わり、ひげ剃りによる細かい傷は付いてしまいます。
 髭を剃った直後は乾燥や引きつりを起こしやすい為、その後の肌トラブルを防ぐためにも髭剃りを終えたらすぐに化粧水や乳液でお肌に潤いを与えてあげましょう。

ひげ剃りの刃は定期的に交換

5.ひげ剃りの刃は定期的に交換
 カミソリやシェーバーの刃は使用するにつれて少しずつ欠け、切れ味は徐々に低下していきます。
 多少交換の推奨時期を過ぎていても剃れないことはないかと思いますが、切れ味が悪く刃が丸くなった状態でそのまま使用を続けてしまうと、髭を剃る際に必要以上に力が入りお肌の刺激を強くすることに加えて、ケガにつながる場合がありますので、推奨の時期が来たらこまめに交換を行いましょう。

6.衛生対策について
 ひげ剃りを行った後はカミソリの刃を綺麗に洗浄し、刃に付いている水分をしっかりと拭き取り、十分に乾燥させましょう。お肌に直接触れる部分に細菌が付着していると、ヒゲを剃った際に付いたお肌の傷から菌が侵入し感染症を起こすケースも多いため、カミソリやシェーバーの衛生管理は、カミソリ負けを防ぐ上で非常に重要です。
 また使用前や使用後に軽くアルコールで拭き取りを行うことも、殺菌や感染対策として効果的です。


ひげ脱毛HYBISから群馬高崎の男性へ

ひげ脱毛HYBISから群馬高崎の男性へ

 ひげ剃り時のカミソリ負けを防ぐポイントについて解説してきましたがいががでしたでしょうか。
 毎朝時間が無く、なかなか全ての項目を実施できているという男性はかなり少ないのではないかと思います。しかしたとえこの数分間の作業が面倒だったとしても、カミソリ負けの症状が起きてしまうと回復するまでに数日かかり、敏感肌や乾燥肌で程度のひどい男性の場合、その範囲がどんどん広がってしまう可能性もありますので、現在カミソリ負けに悩んでいる方はよければ参考にされてください。
 また、どれだけ万全の対策をとっていたとしても、ひげ剃りの行為そのものが無くならない限り、カミソリ負けとお肌の刺激を根本的に解決することは出来ません。
 高価なカミソリやシェーバーに変えてみたり、複数のシェービングフォームを使用したりと、色んな方法を試してみてもカミソリ負けが減る気配が無いという方には、ひげ剃りの回数を減らしカミソリ負けの根本的な原因を解決するメンズ脱毛、ヒゲ脱毛をお勧めします。
 メンズ脱毛やヒゲ脱毛が未経験で実際に話を聞いてみたい、体験してみたいという男性がいましたら、メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門HYBIS群馬高崎店へお気軽にご相談ください。
 初めての方の相談や無料カウンセリングのみの受付も大歓迎で行っております。