脱毛に飲酒はNG?とよく聞きますがその真意は?メンズ脱毛は群馬高崎のHYBISへ

脱毛に飲酒はNG?

脱毛に飲酒はNG?

 お酒と脱毛には関係があり、正しい知識を身に付けておかないとトラブルに繋がる可能性があります。
 脱毛期間中はお酒は控えないといけないのか?今回は脱毛とお酒の因果関係をご説明致します。
 現在、お酒を毎日飲むが、脱毛には興味がある方は一度ご参考ください。




お酒による体温の上昇は脱毛には不向き?

お酒による体温の上昇は脱毛には不向き

 お酒を飲むと、血流が活性化されると聞いた事はありますか?
 お酒には血管を拡張し、血流の流れをよくする作用が確かにあります。
 しかし、飲み過ぎる事で、血管が収縮し、反対に体温低下につながる事もご体験された事はあると思います。
 この体温の変化が、脱毛のリスクに繋がる可能性があります。


アルコールによる体温上昇が肌トラブルに

アルコールによる体温上昇が肌トラブルに

 上述したように、お酒を飲むことで、体温が上昇するため血流が活性化します。
 その際、体温上昇に伴い、お肌の水分も蒸発するため、お肌にかゆみを生じるケースがあります。
 お風呂上がりにお肌が痒くなったご経験はありませんか?
 これと同じように、体を温める事で、お肌が乾燥し、痒みの要因となるため、脱毛中のアルコールの摂取は避ける必要があります。

脱毛期間中はお肌が乾燥しやすい

脱毛期間中はお肌が乾燥しやすい

 脱毛は光を照射する事で、お肌に熱を与えます。
 この事により、お肌表面の角質層が乱れ、お肌の水分量は低下する傾向にあります。
 保湿により角質層を保護して頂く事で、水分の蒸発は防止する事はできますが、日常ケアを怠る事で、肌荒れなどの要因となります。
 また、アルコールなどを飲酒し、日常ケアを行っている場合、症状は悪化する可能性があるため、よりリスクが生じる可能性があるため、注意が必要です。

脱毛前後の飲酒は可能?

脱毛前後の飲酒は可能?

 飲酒をする事で、血中のアルコール濃度がピークに達するのが、飲酒後30分から2時間程度と言われています。
 ビール瓶を1本飲んだ場合、アルコールを体内で分解する事に要する時間が、男性の場合、2~3時間程度と言われています。
 この数値から「脱毛の数時間前後アルコールを我慢すればいいのか」と思われるかもしれませんが、分解速度は人によってさまざまです。
 その為、脱毛前後最低でも1日はアルコールの摂取はしない方が賢明と言えます。
 お肌を綺麗な状態にするために脱毛をされているのに、反対にお肌が荒れてしまっては意味がないため、ご自身による調整をお願いしております。
 現在高崎でメンズ脱毛をお考えの方で、脱毛とお酒に関して気になる事がある男性は、お気軽にご相談ください。
 メンズ脱毛専門のカウンセラーが丁寧にご対応させて頂きます。

その他のメンズ脱毛基礎知識を確認する