毛抜き処理によるリスクがあるのをご存知ですか?メンズ脱毛は高崎のHYBISへ。

毛抜きはでの自己処理

毛抜きはでの自己処理

 ひげ剃りや体毛の処理を行う際、毛穴が目立つのが嫌で毛抜きにて処理されている方も多いのではないでしょうか?
 毛抜きの自己処理は毛穴も目立ちにくくなり、スッキリするように感じますが、実は大きなリスクがあります。
 以下に毛抜きのリスクをご紹介致します。

毛抜きのリスク

毛抜きのリスク

 毛抜きで毛を抜く行為は、痛みを伴います。
 部位によっては痛みを伴わない場合もありますが、痛みを伴うといことは、毛穴に大きなダメージがあると言えます。
 この痛みの要因としては、毛穴の炎症が一つ挙げられます。
 毛を抜くことで目には見えない傷が毛穴に生じています。
 では毛穴に傷が付くとどうなるでしょうか?

毛穴の傷は毛抜きのリスク要因

毛穴の傷は毛抜きのリスク要因

 毛穴の傷は、人間の自己再生能力によって、元の状態へと回復しようとします。
 この回復の過程で、傷が深い場合は、瘡蓋(かさぶた)が形成されることがあります。
 瘡蓋が形成されると、毛の通り道を塞いでしまうため、毛が出てくる事が出来ない状況に陥ります。
 この状態が一般的に言う「埋没毛」です。
 埋没毛になってしまうと、毛が皮膚の中で成長する事になる為、皮膚の中で毛が伸びていきます。
 この状態になると、脱毛で埋没毛を取り除く事が原理上出来ないため、最悪の場合手術して取り除く必要があります。


毛抜きの自己処理は控えましょう

毛抜きの自己処理は控えましょう

 埋没毛の怖さはお分かりになって頂いたと思います。
 お肌を綺麗にしようと思い、毛抜きで自己処理をされていると思いますが、かえってお肌を傷付けてしまう可能性があります。
 その為、自己処理を行う場合は、シェーバーを使用される事を推奨します。
 シェーバーやカミソリの自己処理で毛穴が目立ってしまう事を気にされる場合は、脱毛を行う事をおすすめします。
 脱毛を行う事で、いわゆる「剃っている感」はなくなりますので、毛穴が目立たない状態へとなります。
 また埋没毛になって手術での処理になってしまうと、コストも大幅に掛かってしまうことが懸念されるため、脱毛にて予め処理をする事が最善とも言えます。
 現在高崎メンズ脱毛・ひげ脱毛をお考えの方は、メンズ脱毛専門HYBISまでお気軽にご相談ください。