男性ホルモンと体毛には関係があります。メンズ脱毛は群馬高崎のHYBIS調べ

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

人体とホルモンの関係

人体とホルモンの関係

 男性ホルモン、女性ホルモンと聞くと、男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモンと思いがちですが、実は、男性にも女性ホルモン、女性にも男性ホルモンは存在します。
 男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを保つ事で、人は健康状態を維持しています。
 このホルモンは脱毛とも関係があるため、脱毛の付加知識として以下に記述します。

脱毛にも関係がある男性ホルモンの種類とは?

脱毛にも関係がある男性ホルモンの種類とは?

 男性ホルモンと一言で言っても、いくつかの種類が存在ます。
 以下が代表的な3種類です。

①テストステロン
 テストステロンは男性ホルモンの約9割を占めているホルモンになり、精巣で95%が分泌されます。
 こちらのホルモンは女性の場合は男性の10%ほどの分泌量となり、男性よりも大幅に低下します。

②DHEA(デヒトロエピアンドロステロン)
こちらは男性ホルモンと女性ホルモンの元となるもので、副腎で生成され、一般的に「若返りのホルモン」と呼ばれています。

③DHT(ジヒドロテストステロン)
男性ホルモンのテストステロンに特定の酵素の5αリグクターゼが結合する事で生成されるもので、毛髪細胞を低下させる作用があり、薄毛やAGAの要因と言われています。
頭髪は頭頂部は男性ホルモンが主体、側頭部は女性ホルモン主体で形成されているため、薄毛やAGAの要因になる事も頷けます。

男性ホルモンの役割

男性ホルモンの役割

・体毛の形成
・筋肉や骨を強化
・皮脂の分泌を促す
・血管を若い状態に保つ
・気力や行動力を向上させる

体毛をなくすために男性ホルモンを減らせばいい?

体毛をなくすために男性ホルモンを減らせばいい?

 ムダ毛を薄くするには、男性ホルモンを減らせばいいのでは、とお考えになるかもしれませんが、近年テストステロンは認知力を向上させる作用がある事が注目されており、日本ではまだですが、アメリカでは認知症の患者に投与する事で、良好な結果が得られている報告もされています。
 またうつ病や性欲の改善結果も期待出来るという見解もなされています。
 ホルモンバランスが崩れると、体に支障を来す結果となる可能性があるため、男性ホルモンを減らすという考えは持たない方が賢明と言えます。
 脱毛は、ホルモンのバランスを変化させることなく、物理的にムダ毛の処理を行えるため、ホルモンバランスを調整するよりも、リスクは少ないと言えます。
 その為、男性ホルモンが多いことで体毛が濃くなり、コンプレックスを感じていても諦めることはありません。体毛の濃い男性でもメンズ脱毛でムダ毛を減らし、きれいな身体を手に入れることは可能です。悩みを抱えている方や諦めかけている方もまずは一度当店へご相談ください。

その他のメンズ脱毛基礎知識を確認する