髭が濃いのは遺伝?ヒゲとDNAの関係。男性脱毛群馬高崎HYBISの解説。

ヒゲは何で出来ているのか?

ヒゲは何で出来ているのか?"

 ヒゲとDNAの関係を解説する前に、そもそもヒゲの成分が何から出来ているのかを知っておく必要がありますので、ヒゲのメカニズムについてお話しします。
 まず、ヒゲを構成する主成分は硬質ケラチンと呼ばれる「タンパク質」から出来ています。
 ヒゲが生えている毛穴の奥には毛乳頭という細胞組織がヒゲの成長因子の分泌を促進させたり、髭が生え変わる周期を正常に保つはたらきを担っています。

 また毛根奥には毛母細胞とよばれるヒゲの元となる細胞が存在し、この毛母細胞が毛乳頭や男性ホルモンの働きを受けて細胞分裂を繰り返すことで、細胞分裂で増えた細胞が徐々に硬くなり、毛根から少しずつ上へ上へと押し上げられ、皮膚の表面から出ることで私たちの目で見て分かるヒゲとなって現れています。
 つまり群馬高崎の男性が悩みを抱えている髭はもとを辿れば細胞であるということです。そして私たちの体内の細胞に組み込まれているものが「DNA」です。

DNAとはなにか?

DNAとはなにか?

 DNAの正式名称は、デオキシリボ核酸(Deoxyriboncleic acid)の略称で、デオキシリボース、リン酸、塩基からなる核酸の一種で、地球上の生物の遺伝情報を継承するために存在する生体物質です。
 それぞれの分子が規則的な配列で立体構造状に並んでおり、テレビなどでDNAの解説とともに出てくる螺旋階段のような立体図を誰もが一度は見たことがあるのではないかと思います。
 科学的な解説をすると複雑になってしまうので、簡単に言い換えるとDNAとは細胞を生成するための設計図だと理解しておくと良いかと思います。

ニキビではない?

ヒゲとDNA・遺伝の関係

 ヒゲがもともとは細胞であり、その細胞にはDNAが組み込まれているという事はご理解頂けたかと思います。
 そのため、男性のヒゲとDNAは密接に関わっていて、遺伝子はDNAが複製されることで次の世代へと受け継がれることから、男性の髭の濃さは先祖から受け継がれる遺伝子の影響も受けているといえます。
 男性の髭だけでなく、全身の毛にも同様のことがいえますので、髪の毛やすね毛、胸毛、わき毛、陰毛なども少なからず遺伝子の影響を受けているというわけです。

ヒゲを濃くするのは遺伝だけではない?

ヒゲを濃くするのは遺伝だけではない?

 ここまで男性のヒゲの濃さがDNAの影響を受けていると解説してきましたが、あくまで一つの要因に過ぎず、DNAや遺伝のほかにも食生活やストレス、運動不足、喫煙、睡眠不足など日々の生活習慣で男性ホルモンの分泌量に影響を及ぼすあらゆる要素が含まれるものには、ヒゲを濃くする原因となってしまう可能性があります。
 群馬県高崎市のみなさまが普段から意識せず習慣化していることが将来的にヒゲを濃くしてしまうかもしれませんので、バランスの取れた規則正しい生活を心がけることがとても大切です。

さいごに群馬高崎の皆様へ

さいごに群馬高崎の皆様へ

 ヒゲやボディのムダ毛は遺伝子の影響を少なからず受けていますので、後天的な要因を除けばヒゲが濃くなってしまうのは避けようがない現象です。しかし、現代にはメンズ脱毛という画期的な技術が存在します。
 女性用から始まった脱毛の文化は、脱毛技術の進化によって男性の濃く太いヒゲにも高い脱毛効果を得られるようになり、この数年でメンズ脱毛の普及が進んだことで今では男性の脱毛は当たり前となっています。

 メンズ脱毛HYBISでは、脱毛機器メーカーと研究を重ねた共同開発のオリジナル脱毛機を採用することで、これまで多くの男性のネックとなっていた脱毛施術時の痛みを最小限に抑えつつ、濃く太い髭にも高い脱毛効果を発揮することが出来ます。
 群馬県高崎市にお住まいで毎日のひげ剃りを面倒に感じている方や、周囲の男性よりヒゲが濃くコンプレックスに感じている方がいましたら、経験と専門知識を持つ男性スタッフがマンツーマンにてご対応致しますので、メンズ脱毛・ひげ脱毛専門のHYBIS群馬高崎店までお気軽にお問い合わせください。