脱毛による硬毛化とは?|群馬高崎でメンズ脱毛はHYBISへ

硬毛化というリスクは脱毛には存在します。

 高崎で脱毛をご検討されている方の中で脱毛のリスクの一つ「硬毛化」という言葉をお聞きになった事のある方は恐らく少ないと思います。
 脱毛のリスクをご存知のサロンやクリニックでカウンセリングを受けられた事がある方の中には、お聞きになった事がある方もいると思いますが、説明しているサロンやクリニックも少ないが現状です。。 
 では硬毛化とは何か?「硬毛化」とは脱毛する事で「毛が太くなる」事をいいます。
 「えぇ!脱毛しているのに毛が太くなるの?」と思われた方もいると思います。
 皆さん全員がなる訳ではありませんが、症例はあります。
 ではどのような原理で硬毛化は生じるのか、現状をご説明致します。

硬毛化の原理は現在では詳しくは分からない

 硬毛化の原理に関してご説明すると申し上げましたが、実は硬毛化は現在医学的な解明に至っていないのが現状です。
 しかし、各症例から傾向は掴めています。
 それは「産毛」に対して照射する事で、毛が太くなる可能性があると言うことです。
 硬毛化の症例を部位別で見たところ、主に上半身に症例が集中している傾向にあります。
上半身の中でも特に体の背面「背中、うなじ、肩、二の腕」に多い傾向にあります。
これらの部位の共通点としては、産毛が多い事が挙げられます。
ではなぜ産毛に照射する事で毛が太くなるのか?考察致します。

脱毛はメラニンに反応させる方法

 産毛が硬毛化する要因として考えられるのは、脱毛の原理に関係していると考えられます。
 脱毛はメラニンを利用して、毛に熱エネルギーを伝えますが、産毛にはメラニンの含有量が少ないです。
 その為、産毛に照射された熱エネルギーは、産毛に伝わりにくいと言えます。
 産毛に熱エネルギーが伝わりにくい場合、毛を脱毛へと導けず毛根部を温め、毛を育ててしまうと予想出来ます。
 その為、産毛が硬毛化し易いと考えられます。

メンズ脱毛と光線過敏症の関係は?

 光線過敏症を引き起こす原因に太陽光があることはお話ししましたが、なぜ脱毛施術によってアレルギー反応が出てしまうのでしょうか。
 太陽光には紫外線や赤外線、可視光線といくつかの波長によって分類される光線を含んでおり、光線過敏症を引き起こす光線のほとんどが紫外線(UV)とされています。
 脱毛に使用される照射光は紫外線など、太陽光の成分と同様の波長の光線を含んでいることから、脱毛施術によって光線過敏症の症状が出てしまい、場合によっては脱毛を受けられない場合があります。

脱毛は硬毛化のリスクを抑えて行う必要がある

 現在高崎でメンズ脱毛をお考えの方の中で、上半身をご希望される方は、まずは濃い毛を局部的に施術する事で、細い毛が硬毛化するリスクを抑える事が出来るため、少しずつ範囲を広げて施術を行う事をおすすめします。
 硬毛化してしまうと、その毛をまた脱毛していく必要があるため、いたちごっこになりかねません。
 しかし、硬毛化は誰にでも生じる訳ではなく、体質に依存します。
 現在上半身をご希望の方は、高崎のメンズ脱毛専門HYBISまでご相談ください。
 脱毛専門の男性カウンセラーによって、丁寧にご対応致します。

関連記事

PAGE TOP