薬の服用とメンズ脱毛の関係とは何か?メンズ脱毛は高崎のHYBISへ。

なぜ薬の服用があるとメンズ脱毛を受けられない?

なぜ薬の服用があるとメンズ脱毛を受けられない?

 メンズ脱毛を行う際、特殊光を脱毛部位にあてていくのですが、実は薬の作用によって身体がその特殊光を過敏に感じ取ってしまい、肌に発疹や過剰な赤み、痛みなどが出てしまう場合があります。 これは光に対して身体の免疫システムが反応することで起こる症状で「光線過敏症」と言われています。
 簡単に言い換えると光に対するアレルギー反応になります。光線過敏症については別項にて詳細を解説していますので、高崎でメンズ脱毛をお考えの方はそちらもあわせてご覧ください。

メンズ脱毛を受けられない薬の種類は?

メンズ脱毛を受けられない薬の種類は?

 風邪薬や抗生物質、花粉症の薬など、薬にはたくさんの種類があり、一概に断定出来ませんが、多くのクリニックやメンズ脱毛サロンで施術を受けられない場合の服用薬としてあげられているものをご紹介しておきます。

・抗生物質  ・抗うつ剤
・鼻炎薬   ・抗真菌薬
・糖尿病薬  ・炎症による鎮痛剤 など

 あくまで一例ですが、この他にも飲み薬だけでなく、塗り薬であっても同様にメンズ脱毛を受けられない場合があります。
 とくに成分にステロイドを含む塗り薬は肌への影響が出やすい為、皮膚炎やアトピーの薬、市販の外用薬などにも使用されていることが多い為注意が必要です。
 市販の花粉症の薬や解熱鎮痛剤なども光線過敏症のリスクを高める可能性がありますので脱毛施術の前後で時間を空けていただくことがありますので、まずはご相談ください。


薬の服用や、外用薬を使用している場合

薬の服用や、外用薬を使用している場合

 薬の服用がある場合にどれくらい期間を空ければメンズ脱毛を受けられるかは、薬を処方する医師の判断が必要となります。
 薬にはたくさんの種類と成分がありますので、自己判断で自はなく、必ず施術前に医師に相談をするようにしましょう。
 また薬の服用があり医師から許可が出ている場合でも、施術時の肌の状態によって脱毛を受けられない場合もありますのでご了承ください。

メンズ脱毛前に薬を飲んでしまった場合には

メンズ脱毛前に薬を飲んでしまった場合には

 薬の服用があると光線過敏症を引き起こす可能性が高まりますので、もし薬を飲んでしまった場合には、予約日の変更と、薬の服用がある事をお電話でお伝えください。
 少しでも早く脱毛をしたいというお気持ちは分かりますが、思わぬ肌トラブルが原因で、完治まで長い期間脱毛を受けられないと、せっかく高まっている意識も下がってしまいます。
 皆さまの安全のためにも、無理のない状態でメンズ脱毛を行っていくことが大切です。
 HYBISでは初回に無料のカウンセリングを実施しておりますので、薬の服用がある方や、メンズ脱毛に対する疑問点などがある方は、遠慮なくお気軽にご相談ください。
 高崎でメンズ脱毛をお考えの方はメンズ脱毛専門のHYBIS(ハイビス)へ。

その他のメンズ脱毛基礎知識を確認する