ほほの脱毛で印象をガラリと変える。ひげ脱毛高崎のHYBISの考察。

ほほの脱毛で印象をガラリと変える

ほほの脱毛で印象をガラリと変える

 脱毛をご検討されている方の中には、ほほのひげをなんとかしたいという方がおられるかもしれません。
 ほほのひげが生えている方はひげ剃りが大変で範囲が広く、剃るとかみそり負けで血が出る、肌が乾燥する、肌がボロボロになる、ニキビができる、、、など悩みが多い部位となっています。
 ここでは、「ほほのひげ」の脱毛のメリットやデメリット、ほほ脱毛を受ける際の注意事項、髭剃りを楽にさせる処理方法などをご紹介しておりますので気になる方はご参考ください。

ほほのひげ脱毛で印象が変わる

ほほのひげ脱毛で印象が変わる

 顔のひげが生えるパーツの中で、範囲として最も大きな部位な範囲が「ほほ」の部位となっています。
 ほほの範囲全体的にびっしりとひげが生えている人、ほほの下部のみに生えている人、ほほ全体的にまばらにポツポツと生えている人など、生えている範囲の大きさは異なりますがほほの面積は大きくなっています。
 ほほひげを脱毛でしっかりなくすことにより、剃っても青く見えてしまっていた部位の肌のトーンが明るくなり、表情も明るく見えるようになるでしょう。
 ひげの範囲が大きい部位を脱毛をすることにより、その方の第一印象を大きく変えることができるでしょう。

もみあげのデザインや長さ調整も脱毛で可能

もみあげのデザインや長さ調整も脱毛で可能

 ほほのひげを脱毛することにより、印象をガラリと変えることができるメリットの他、範囲が広い部分を脱毛することにより毎朝の髭剃りの時間の大幅短縮に繋がります。
 ひげ剃りで時間がかかるところは、鏡で直接見ることのできないあご裏の部位とほほになっています。
 ほほの脱毛も他のひげの部位と同様に、何回か行っている過程で毛がなくなる場所が出てきたり、毛が細くなったりすることにより髭剃りにかかる時間が短縮・楽になってきます。
 普段のひげ剃りの時間を楽にしたいという方には、範囲の広い「ほほ脱毛」がオススメとなっています。

ほほの日焼けは脱毛にNG

ほほの日焼けは脱毛にNG

 ほほの範囲の脱毛をご検討されている方、現在脱毛をされている方はこちらを必ず確認しておいてください。
 脱毛を受けている期間中の「日焼け」はできる限り控えていただいておりますが、特にほほの部位は日焼けしやすいため要注意の部分となっています。
 特に気を付けていただきたい日焼けの時期は「5月~9月」の期間中となっています。
 普段から外仕事の方は、日々日焼け止めクリームを使用していただき、土日や休日のみ日に焼けてしまう方はその際は日焼け止めクリームを使用しておいてください。
 ほほの範囲も含めて日焼けされている場合は、ご予約日時にお越しいただいても照射ができないケースがございますので予めご理解お願い致します。
 ほほの部位は日焼けをすると赤くなりやすい人やヒリヒリしやすい人は特に気を付けておいてください。

ほほのひげをデザインで残す日本人は限りなく少ない

ほほのひげをデザインで残す日本人は限りなく少ない

 ほほのひげを生やしたい、ほほのひげをデザインで整えたい、宗教上ひげを剃ってはいけないので伸ばしている、他の部位は脱毛してもほほだけは残しておきたい、などとご希望される方は日本では限りなく少なくなっています。
 ヨーロッパの方や北米、南米、アジアの地域であってもほほのひげを生やしている人もおられます。
 ほほのひげがあったほうが男らしい、たくましい印象があるといった地域性もあります。
 そういった地域であれば、ほほのひげを伸ばしても周囲から何も思われることや言われることは少ないことでしょう。
 しかし、日本ではほほのひげを剃るのが当たり前となっており、剃ることに対するストレス(わずらわしさ、時間の無駄、かみそり負け、、)を感じている人は多くなっています。
 今後も日本で生活する以上、ほほのひげは脱毛で減らしてしまっても良いのかもしれません。
 高崎市でヒゲ脱毛をご検討されている方はHYBISまでご相談ください。