光線過敏症と脱毛の関係をご存知でしょうか?メンズ脱毛は群馬高崎のHYBISへ。

光線過敏症とは?

光線過敏症とは?

 現在、高崎でメンズ脱毛をお考えの方の中には、光線過敏症という言葉をお聞きになった方もいると思います。
 では光線過敏症とは何か?
 光線過敏症とは太陽に当たった皮膚に赤みやかゆみ、炎症、発疹などの症状がでることが特徴的です。
 太陽の光によって体の免疫システムが反応し引き起こされる症状で「日光アレルギー」または「光アレルギー」とも言われています。

何が原因きっかけで起こる?

光線過敏症は何が原因きっかけで起こる?

①遺伝性・・・生まれてから初めての外出時の日焼けに対する反応が原因となり、それが繰り返されることでそばかすのような斑点が発症し、幼児期には神経症状として難聴や歩行障害を引き起こす場合もあります。

②アレルギー性・・・外用薬や日焼け止めなどに含まれる成分が原因で紫外線などの光線に免疫が過剰に反応する事で、薬の服用後などに光を浴びると露出部分の広範囲に赤い斑点や、じん麻疹などを発症します。

③代謝異常によって・・・のホルモンが安定しない小児期や、飲酒歴の長い男性に発症するケースが多く、皮膚のバリア機能が著しく低下したり、多毛症を引き起こす可能性があります。

 このアレルギー反応の原因は多岐にわたり、原因特定には医師の判断が必要ですが、現時点では上記のような報告があがっています。
 またそれ以外でも明確な理由はなく原因不明とされる場合もあり、年齢性別問わず、もともと光に当たる機会が少なかった方などに突然発症するケースもあります。


脱毛と光線過敏症の関係は?

メンズ脱毛と光線過敏症の関係は?

 光線過敏症を引き起こす原因に太陽光があることはお話ししましたが、なぜ脱毛施術によってアレルギー反応が出てしまうのでしょうか。
 太陽光には紫外線や赤外線、可視光線といくつかの波長によって分類される光線を含んでおり、光線過敏症を引き起こす光線のほとんどが紫外線(UV)とされています。
 脱毛に使用される照射光は紫外線など、太陽光の成分と同様の波長の光線を含んでいることから、脱毛施術によって光線過敏症の症状が出てしまい、場合によっては脱毛を受けられない場合があります。

脱毛時の注意として

メンズ脱毛時の注意として

 脱毛による特殊光線が原因で敏感肌や乾燥肌などで肌のバリア機能が弱い方や、光線過敏症によって身体に発疹やじん麻疹が出ることがあります。
 ここまでのお話しで脱毛に対する不安を覚えた方もいるかとは思いますが、高崎のメンズ脱毛専門HYBISでは皆様に安全にメンズ脱毛を受けていただくために、初めての脱毛施術前にパッチテストを実施しております。肌の弱い方や、薬の服用のある方、過去に光線過敏症の経験のある方は初回カウンセリング時にご相談ください。

その他のメンズ脱毛基礎知識を確認する