脱毛に日焼けはNGは本当です。その理由は?メンズ脱毛は群馬高崎のHYBISへ

脱毛に日焼けはNGです

脱毛に日焼けはNGです


 脱毛をされている方で、日焼けを年中しないという方も少数派かと思います。
 日常生活において、通勤時に日焼けをしたり、もしくは海に遊びに行って日焼けをする機会も多分にあると思います。
 しかし、この日焼けが脱毛にとっては対敵となる事をご存知でしょうか?
 脱毛を安全かつ効果的に行うには、日焼け止め等によるケアが欠かせません。
 今回は脱毛と日焼けの因果関係に関して記載していきます。

脱毛前に日焼けとは?

脱毛前に日焼けとは?

 日焼けはお肌の表層部にメラニンの含有量が増加する事で生じます。
 皆さんお肌が焼けて黒くなっていると思われがちですが、そうではありません。
 ではなぜ日焼けによって、お肌表面のメラニンの含有量はなぜ増加するのか?
 それは紫外線に起因しています。
 紫外線の種類も多数に分類されますが、これらは人体にとって、健康状態を損なう可能性もあり、危険なものです。
 紫外線が体内に侵入してしまうと人体にも悪影響がある可能性があります。
 この紫外線を人体に侵入させないために、盾の役割をするのが、実はメラニンです。
 日焼けによりメラニン含有量がお肌表面に増加する事で、体内へ紫外線が侵入する事を防ぐ役割があります。
 「黒色」は光を吸収する役割があるため、体内に侵入する事なく、お肌の表面で防ぐ事が可能となります。
 これが、日焼けの実態であり、メラニンの役割です。


日焼けするとなぜ脱毛に不向き

日焼けするとなぜ脱毛に不向き

 日焼けをするとお肌のメラニン含有量が増加すると言いましたが、正にここがキーとなります。
 脱毛は光を照射する事で、毛のメラニンを利用し、毛根部に熱エネルギーを伝播させます。
 この原理から、お肌のメラニン含有量が増加すると、お肌へ熱エネルギーが分配されやすくなり、結果としてお肌を傷める危険性が増長する可能性があります。
 尚且つ、お肌に熱エネルギーが分配されていしまう事で、毛に100%のエネルギーが伝わらない可能性もあり、脱毛効果も低下してしまう事も懸念されます。

 このように脱毛において、日焼けはメリットがなく、「日焼け止め等でケアをする事が大切」だとお分かりいただけると思います。
 どうしても日焼けをしてしまう方は、日焼けをしてしまう期間は脱毛をさせて頂きながら脱毛を行う事は可能ですので、カウンセリング時にその旨お伝え頂ければと思います。
 現在高崎でメンズ脱毛をお考えな男性はメンズ脱毛HYBISへお気軽にご相談ください。
 メールや電話でも質問等、受け付けております。

その他のメンズ脱毛基礎知識を確認する